広告 クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングで失敗!安定配当金を獲得する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

不動産クラウドファンディングに興味はあるけれど、失敗しないための正しい方法は何なのだろう?

月に1万円の配当金を得るためにはいくら必要なんだろう?

このような疑問を解決します。

実際、不動産クラウドファンディングには多くの魅力がありますが、それにはリスクも伴います。

元本割れや運営事業者の倒産など、不安要素は少なくありません。

しかし、適切な知識と戦略を持てば、これらのリスクを回避し、私のように毎月収益を得ることが可能です。

今月は3万円の配当金があったよ!

この記事では、不動産クラウドファンディングでの失敗を回避するための具体的な戦略を紹介します。

投資を成功に導くためのポイントを、わかりやすく、かつ実践的に解説しています。

安全な投資の道を歩むための第一歩を踏み出すために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

激アツキャンペーン情報

新規登録でAmazonギフト券が2,000円分貰えるキャンペーン実施中!

キャンペーンの詳細は下記です。

▼キャンペーン期間
2024年2月29日(木)までに投資家登録を申請すること
②審査を経て、投資家登録が完了すること

▼キャンペーン内容
LEVECHY(レベチー)に初めて投資家登録Amazonギフトカード2,000円分

▼キャンペーン条件
当ブログ限定のキャンペーンなので、当ブログのリンクを経由して登録しないとアマギフ2,000円分は貰えません

仮登録の場合は、キャンペーン適応外です(本人確認コードまで入力下さいね!

▼プレゼント配布時期
投資家登録時にご登録したメールアドレス宛に、期間終了後2か月を目途に送付いたします。

登録するなら今がめちゃくちゃお得ですっ!

\登録だけ!アマギフ2,000円が貰える/

限定リンクで登録する

不動産クラウドファンディングの失敗例5つ

不動産クラウドファンディングで実際に起こる失敗例を5つ、調べてみました。

  1. 元本割れが起きる
  2. 事業者の倒産
  3. 償還遅延
  4. デジポット口座にお金を入れてままになる
  5. 利益<出金手数料

では、1つずつ見ていきましょう。

元本割れが起きる

不動産クラウドファンディングには元本割れのリスクがあります。

一般的に「優先劣後方式」の採用により元本割れは起きにくいとされていますが、市場の変動や不動産価格の下落などによっては回避できない場合もあります。

優先劣後出資制度を導入しているファンドに投資することで、元本割れのリスクを抑えることが可能です​

事業者の倒産

投資先が不動産そのものではなく、不動産クラウドファンディング運営事業者であるため、事業者が倒産すると出資金が戻らないリスクがあります。

事業者の信頼性をしっかり確認し、倒産リスクを避けるためにSPC方式のファンドを選ぶことも一つの方法です​。

償還遅延

不動産クラウドファンディングでは、資金の償還が遅れるリスクも考慮する必要があります。

このリスクは特に事業者の信頼性や財務状況を事前に調査することで回避できる可能性があります。

④デジポット口座にお金を入れたままになる

投資金がデジポット口座に留まり、そのまま抽選当選せずに終わるリスクもあります。

事前入金が必須のサービスには注意が必要です。

悩んでるひと

オルタナバンクCAPIMA(キャピマ)CREAL(クリアル)に200万円近く眠っているお金があるんです…

利息も付かないのでとっても、勿体ないです。

ちなみに、私がおすすめしている不動産クラウドファンディングのサービスで事前、事後入金とわかりやすくまとめたので、これからクラウドファンディングを始める人は参考にしてみてください。

サイト名最低金額事前入金特徴
COZUCHI1万円不要メリット:利回りが想定を超える可能性がある
デメリット:人気NO1ゆえ、抽選がほぼ当たらない/マイページの分配金スケジュールが反映されない
TOMOTAQU(トモタク)10万円不要メリット:出資金額によりAmazonギフトカードが貰える/Twitterでご当地返礼キャンペーンなど豊富
デメリット:1口10万円からと高め
プレファン1万円不要メリット:1口1万円から投資可能/自社の物件が多く入居率が非常に高く安心感がある
デメリット:抽選がなかなか当たらない、部分当選があるのがネック
CREAL1万円必要メリット:1口1万円から投資可能/ 先着応募あり、時間待機すれば応募可能 /物件情報が丁寧
デメリット:途中解約ができない
汐留ファンディング1万円不要メリット:利回りが10%と高い
デメリット:運用実績がないので少し心配(まだ数件)
オルタナバンク1万円必要メリット:利回りが高く、募集案件が多いので投資しやすい
デメリット:途中解約ができない
Funds1円必要メリット:1円から投資可能。投資先が上場企業が多い
デメリット:利回りがほかのサイトと比べて低め
LEVECHY(レベチー)1万円不要メリット:利回りが8~10%、リスクヘッジが手厚い
デメリット:実績が少なめ、人気すぎて当選しにくい
CAPIMA(キャピマ)1万円必要メリット:利回りが7%以上が多く、投資家全員の優待特典が豪華
デメリット:優待付きは人気すぎて当選しにくい
ヤマワケエステート1万円不要メリット:利回りが10%越え豊富、ファンドの数が多く当選しやすい
デメリット:実績がない

利益<出金手数料

不動産クラウドファンディングは少額から投資ができるメリットがあるため、利益も少額から貰えます。

しかし、出金時の手数料が利益を上回る場合、投資の意味がなくなってしまいます。

投資先の手数料構造を事前に理解し、利益が出金手数料を上回るかどうかを検討することが重要です。

銀行口座へ直接分配金や元本が戻ってくるサービスはCOZUCHIです!

不動産クラウドファンディング失敗の理由とその対策

次に、不動産クラウドファンディング失敗の理由と、その対策について調べてみましょう。

  1. 基本を理解する
  2. 投資初心者の罠
  3. リスク管理
  4. 成功事例の分析

① 基本を理解する

不動産クラウドファンディングは、複数の投資家が少額の資金を出し合い、不動産プロジェクトに投資する仕組みです。一口の投資額が比較的小さく、不動産投資へのアクセスを容易にするのが特徴です。

しかし、この投資方法は、市場の変動や不動産価格の下落など外部要因によるリスクが伴います。

投資家は、このシステムの基本的な構造とそれに伴うリスクを理解することが重要です。

② 投資初心者の罠

投資初心者が不動産クラウドファンディングにおいて陥りやすい罠は、リスクの過小評価です。

初心者はしばしば高いリターンに目が行きがちで、投資の損失リスクを見落としがちです。

投資するファンドの詳細を精査し、利回りの妥当性を検討します。

利回りが相場よりも異常に高い場合、それにはそれなりのリスクが伴うことが多いです。​

投資する前には、不動産市場の動向、物件の立地や品質、運営会社の信頼性などを十分に調査し、リスクを慎重に評価する必要があります。

私が実際に投資をしたクラファンは今まで損失ないよ!投資実績の記事を参考にしてね!

③ リスク管理

不動産クラウドファンディングにおけるリスク管理は、投資の成功を左右する重要な要素です。

投資家は、事業者の財務健全性や過去の実績、物件の価値や市場の動向を詳細に分析し、リスクを適切に評価することが求められます。

また、分散投資によりリスクを軽減する戦略も有効です。

不動産ではなく、事業に投資ができる貸付型クラウドファンディングもオススメです!

④ 優先劣後出資制度が導入されているファンドに投資する

優先劣後出資制度の説明

優先劣後出資制度が導入されているファンドへの投資は、不動産クラウドファンディングでの失敗を回避する重要な戦略の一つです。

この制度では、投資家の出資分と事業者の劣後出資分が分けられ、万が一損失が発生した場合は事業者の劣後出資分から先に損失が充てられます。

これにより、投資家の元本割れリスクが低減されるのです。

優先劣後出資制度のもう一つの利点は、収益が見込みよりも少なくなっても、賃料や売却による利益が優先的に投資家に配当される点です。

事業者側の劣後出資割合が高いファンドほど、事業者側にとって損失が出ない自信があるとも解釈でき、安心して投資することができます​​。

したがって、不動産クラウドファンディングにおいてリスクを抑えるためには、優先劣後出資制度を採用しているファンドを選ぶことが有効です。

ただし、すべてのファンドに優先劣後出資制度が適用されているわけではないため、投資を行う前にそれぞれのファンドの条件をしっかりと確認することが重要です。

月1万円配当金を目指す不動産クラウドファンディングの戦略

不動産クラウドファンディングで、月1万円の配当金を目指すにはどうすればいいのか?調べてみました。

  1. 配当金の実現可能性
  2. 投資計画の立て方
  3. ポートフォリオの多様化
  4. 税金との向き合い方

① 配当金の実現可能性

不動産クラウドファンディングでは、少額投資から始められるため、月1万円の配当金を目指すことは現実的です。

多くのクラウドファンディングプラットフォームでは、1口1万円程度から投資が可能で、約3〜8%の利回りを期待できます。

これは、普通預金の利息に比べて非常に高い利回りであり、適切なプロジェクト選定を通じて配当を得ることができます。

実際に私は利回り6%以上を目安に投資をするようにしています!

② 投資計画の立て方

適切な投資計画を立てるには、まずは投資可能な資金を把握し、それをいくつかのプロジェクトに分散して投資することが重要です。

一般的な不動産クラウドファンディングの利回りは約3〜8%程度です。

仮に年間の配当目標を月1万円、すなわち年間12万円と設定した場合、必要な投資額を求めるためには次の計算を行います。

投資額=年間利回り年間目標配当÷年間利回り

例えば、利回りが5%の場合の必要投資額は、

120,000円÷0.05=2,400,000円 となります。

この計算により、年間5%の利回りを期待する場合、約240万円の投資が必要になると考えられます。

上記計算はあくまで目安として参考にしてください。

安定した収益を得るためには、複数のプロジェクトに分散投資することも一つの戦略です​!

③ ポートフォリオの多様化

不動産クラウドファンディングにおけるリスクを減らすためには、複数のプロジェクトへの分散投資が効果的です。

先ほど計算した240万円を1つの投資先に投資をするのではなく、分散して投資をすることが大切です。

これにより、一つのプロジェクトが不調でも他のプロジェクトのパフォーマンスで補うことができます。

また、投資先を分散することにより、各社のサービスが受けれるメリットもあります。

1つの投資先だけでなく、複数のサービスに登録をして上手に利益を得ていきましょう。

お得なクラウドファンディングのサービスを紹介するね!

サイト名キャンペーン情報
COZUCHI現在キャンペーンはありません
TOMOTAQU(トモタク)新規登録だけで2000円分のトモタクポイントプレゼント(紹介リンクで更に5,000円分)!
プレファン 新規登録だけで1000円分のAmazonギフト券プレゼント
CREAL現在キャンペーンはありません
汐留ファンディング現在キャンペーンはありません
Funds(ファンズ)現在キャンペーンはありません
マリタイムバンク新規登録だけで1000円分のAmazonギフト券プレゼント
Funvest新規登録だけで1000円分のAmazonギフト券プレゼント
利回り不動産新規登録&招待コードだけで2000円分のAmazonギフト券プレゼント
B-Den(ビデン)新規登録だけで1000円分のAmazonギフト券プレゼント
CAPIMA(キャピマ)新規登録&招待コードだけで1000円現金プレゼント

招待コードが必要なのは、利回り不動産と、キャピマです!コードは各記事からゲットしてね!

招待コードはこちら!
招待コードはこちら!

④ 税金との向き合い方

配当金や利益に対する税金の取り扱いにも注意が必要です。

不動産クラウドファンディングから得られる収益は所得として雑所得とされるため、税金の計算方法や申告の必要性を理解しておくことが重要です。

税法についての知識を身につけるか、税理士などの専門家のアドバイスを得ることが望ましいです。

くま

年間20万円を超える場合は、確定申告をする必要があります

不動産クラウドファンディングの実際の失敗事例はある?

私自身、1年半程度、800万円ほど色々なクラウドファンディングに投資をしてきましたが、実際に元本割れや、倒産などの損失にあったことはありません。

それは、運営事業者の信頼性を確認する、投資するファンドの情報を詳しくチェックしていたからだと思います。

しかし、今まではありませんでしたが、これから何が起こるかわからないのが投資です。

投資は必ず余剰預金での範囲で行うよう心掛けましょう。

まとめ|失敗しない!不動産クラウドファンディング投資への第一歩!

戦略説明
運営事業者の信頼性を確認過去の実績や経営状況から信頼性を判断
ファンド情報の精査利回りの妥当性を含むファンドの詳細を確認(目安は6%~7%以上!)
分散投資を行う複数のクラウドファンディングサービスに投資しリスクを分散
優先劣後出資制度の利用元本割れリスクを軽減するファンドを選択

今回は不動産クラウドファンディングの失敗について、対策とともに説明してきました。

また、月1万円の配当金を得るためには、年間5%の利回りを期待する場合、約240万円の投資金額が必要であるとわかりました。

運営事業者の信頼性の確認、ファンド情報の詳細な調査、分散投資、優先劣後出資制度の活用は、リスクを軽減し安全な投資を行うための重要なポイントです。

これらを実践することで、より賢い投資判断を行うことが可能になります。

私が実際に投資をしている不動産クラウドファンディングについては下記へまとめています。

実際にやってみた実績がわかるので、参考になるとおもいます。

関連記事:【体験談】不動産クラウドファンディングを1年間やってみた|おすすめ比較レビュー

オススメクラファン
  • この記事を書いた人

yuyu

子育てママの配当金生活を目指すブログ
育児と仕事を両立しながらできる
ほったらかし投資に挑戦
初心者向けにお金の知識を発信
投資総額1000万円越え
投資歴7年|FP資格|クラファン歴1年
30歳後半|息子2歳

-クラウドファンディング